競泳の池江選手が白血病になったという話をきいて・・・

今日、衝撃的なニュースが流れた。

競泳の池江選手が白血病に罹患したと発表されたのだ。

「え?」という言葉の後に、言葉が出なかった。

神様がこの世の中にいるのであれば、本当に残酷なことをする。

 

池江選手は年末からどうも調子が悪く、疲労が抜けないという状況に苛まれていたようだ。

風邪が長引いている程度の認識だったらしく、遠征先からこれはおかしいと帰国して検査したら、このような診断が出たらしい。

病気は違うが、うちのかみさんも、発症当時、年末に調子を悪くして、風邪だと思って養生していたのだが、一向に良くならないで、ちょうど二月の半ばくらいに病気が発覚したんだったけ?

風邪だと思って流していると、とんでもない病気を拾っていたみたいな話は多いみたいだ。

 

ネット上にいろんなコメントが錯綜しています。

白血病も今となっては不治の病ではないと言われているのですが、急性悪化したりする始末の悪い病気であるのは間違いないわけで・・・

早くまた競技生活に戻ってこられるようなんて言っておられる人もいるが、そんなに楽観視できるものでもないでしょう。

そっとしておいてあげてほしいと思う。マスコミは悲劇のヒロインとして放置しないだろうが・・・

 

 

この記事へのコメント