膠原病内科の先生が、新型コロナウイルスの症状が膠原病症例に似ていると言っているが・・・

サイトカインストームによる肺炎の症例を聞いたとき、なんだうちのかみさん同じことを5年前にやってますと思っていました。

今日、膠原病内科の先生がTwitterでこんなこと言っていた。

home2020-5-17_22-0-47.png

home2020-5-17_22-1-2.png

かみさんが血管炎も伴う悪性関節リウマチに罹ったとき、最初はただの風邪でした。

最初は全く今回の新型コロナウイルスのように、風邪が続いて治らなかった。

熱が下がらないので、おかしいなあと言うことになり、レントゲンを撮ると肺炎と診断されたのです。

かみさんの場合は、CTを受けなくても肺炎の診断がでていましたが。

そのまま関節リウマチに症状が移行し、今もインフリキシマブを続けています。

新型コロナウイルスは後遺症が残るのではないか?と患者の周辺にいる素人が思うことです。




この記事へのコメント